« 「ロト6」を購入・・・ | トップページ | ◎「競艇」・・・自分を納得させるための「当たる理由」研究2 »

2018年7月13日 (金)

◎「競艇」・・・自分を納得させるための「当たる理由」研究

 今から表題の考察を行いましょう。
 まず、「競艇」は、全国にある、
24の「競艇場」
 で行われ、開催日には、1日に1レースから12レースまで、
12のレース
 が行われます。そして、各レースには1枠から6枠まで、
6人のメンバー
 が参加します。これは1レースに18頭の馬が出場する「競馬」などと比べれば、大きな違いと考えていいでしょう。(言い換えれば、当てやすい、とも言えます)。
 そして、現在、チュンのパソコンの中には、全国「24の『競艇場』」の、、それぞれ、
過去1200R
 のレース結果がデータとして入っています、全データ数を言えば、
24×1200=28800
 のデータ数があると言えますし、1日「12のレース」ということから見ると、各「競艇場」の、
過去1200R÷12のレース=100日
 100日分のデータがある、とも言えます。
 そして、まずは、全データ28800を集計しますと、その結果として、
1位、1-2-3,1362,2426880,632,1782
2位、1-2-4,1085,1983970,514,1829
3位、1-3-2,1073,2356980,386,2197
 というデータが出て来ます。総数は28800でしたので、比率を出すと、
1-2-3,4.7%
1-2-4,3.8%
1-3-2,3.7%
 となりますが、この3つを加えると12.2%、つまり、これを解釈すると、1日「12のレース」の中の1回以上は、1-2-3、1-2-4、1-3-2のどれか、ということになります。
 さらに、もう1つ、上のデータ、1-2-3の次にある1362は、1-2-3が来た回数、次の2426680が1-2-3の獲得賞金なのですが、この、獲得賞金を回数で割った数字が、1782で、この数字がデータの最後にあり、これが1-2-3が来た場合の平均配当なんですね。と言うことは、1~12Rまで1200円購入しても、500円少々の収益が期待できる、ということです。
 ・・・こんなにデータは万全なのに、・・・何故、勝てないのでしょうか?

|

« 「ロト6」を購入・・・ | トップページ | ◎「競艇」・・・自分を納得させるための「当たる理由」研究2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100572/66935498

この記事へのトラックバック一覧です: ◎「競艇」・・・自分を納得させるための「当たる理由」研究:

« 「ロト6」を購入・・・ | トップページ | ◎「競艇」・・・自分を納得させるための「当たる理由」研究2 »