« 行きつ戻りつ | トップページ | 掴みはOK「アトム、ザ・ビギニング」 »

2017年4月16日 (日)

懐かしアニメも見応えたっぷり

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 は、
第4位、沢城みゆきさん
 この人、「7色の声を持つ女」ということで、「ルパン三世」の峰不二子から「報道ステーション」のナレーションまで、幅広い仕事をこなされているとか。でも何と言っても、不二子ちゃんのセクシーボイスがたまりませんね。

◎新作アニメ品評委員会19
・「エロマンガ先生」
 何なんでしょう。女心は複雑、という物語でしょうか。この後、どうなるのか、想像もできませんが、次も見ようかな。
→時代劇専門チャンネルのアニメ、
・「刀剣乱舞-花丸-」
 ・・・これは見るに堪えない作品でした。迷わず視聴中止です。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
11、相関関係と計量化
・歯車と歯車
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化
生物的進化のダイナミズム、突然変異
「突然変異のプロセスは、環境からの影響を直接受けて生じたゲノム-ある個体が持つ特定の遺伝子型-内の相転移によって引き起こされる跳躍的なプロセスである」

◎新作アニメ品評委員会21
・「BORUTO-ボルト-」2回目
 まあ、これはこれで、面白いですね。「BORUTO」、これからも気合い入れて作ってほしいと思います。
→同じ学校の燃えるライバル対決でしたね。
・「弱虫ペダル NEW GENERATION」
http://yowapeda.com/
 平凡でも頑張れば、何とかなるのかな。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
→電気とは何か?
第1部、エレキの謎を探る旅、1、平賀源内の挑戦
・1000年前の先輩
↑ここで空海のことが書かれてますが、何故、空海の記述が必要なのかは、まったく意味不明。竹内先生の本は、こうした横道の記述を読んでいるうちに、チュンの場合、肝心なことを忘れてしまいます。
●「密教の本」(学研)
第1章、超人編
〇役小角
↑修験道の開祖ですか・・・。

◎新作アニメ品評委員会24
・「スナックワールド」
 これ3Dアニメって言うんでしょうか。最初は外国のつまらないアニメかと思っていたのですが、見始めると、結構、面白い。よく見たら、制作は日本ですね。これは次も見ましょう。
→チュンの子供の頃の作品なので、と半ば馬鹿にしてたら、意外に見ごたえたっぷりだったのが、
「サスケ」
 ですね。これは次も見ましょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
「・光子計測器(フォトンカウンター)による観測」終わり。
●高田真治、後藤基己訳「易経」(岩波文庫)
解説
「一、易の名義」終わり。

|
|

« 行きつ戻りつ | トップページ | 掴みはOK「アトム、ザ・ビギニング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100572/65155888

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしアニメも見応えたっぷり:

« 行きつ戻りつ | トップページ | 掴みはOK「アトム、ザ・ビギニング」 »