« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月27日 (木)

声優第1位は・・・

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 も、いよいよ最後です。、
第1位、山寺宏一さん
 ですね。まあ、敢えて言うまでもなく、とんでもない声優さんです。・・・と言いますか、声優という枠におさまっていない人ですね。「昭和元禄落語心中」の助六。見ただけで涙が出て来ます。

◎新作アニメ品評委員会36
・「夏目友人帳、陸」
 妖にも人にも、それぞれの生き方がある。そんなことを感じました。
→見ていたら、お腹がいっぱいになって来たのが、
「ドラえもん」
 写真のものを見ただけで味わえる道具、ほしいような、いらないような・・・。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
11、相関関係と計量化
価値の軽量化
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化
生物的進化のダイナミズム、「収束」終わり。

◎新作アニメ品評委員会37
・「BORUTO」
 お話自体はいいのですが、何と言うのでしょう、これを見ると、結婚というのに幻滅してしまいますね。
→本物のプロレスとの融合もそうですが、
・「タイガーマスクW」
 ううう、タイガーだらけで何が何だか分からなくなりましたが、・・・何となく見逃せません。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
→電気とは何か?
第1部、エレキの謎を探る旅、1、平賀源内の挑戦
・海の向こうのライバル
「フランクリンは、電気は1種類の目に見えない媒質からできており、それが金属やガラスなどの物質に宿ったり、物質間を移動できると考えた。そして物質が帯びる電気の量が多いときはプラス(正)になり、少ないときにはマイナス(負)になると考えた」
↑プラスとマイナスの差は、量ですか・・・。何となく基準があいまいな気もしますが・・・。
●高森顕徹監修「なぜ生きる」(1万年堂出版)
一部、なぜ生きる-苦しくとも生きねばならぬ理由は何か-
(1)幸せはいとも簡単に崩れ去る

◎新作アニメ品評委員会42
・「ひなこのーと」
 人前に出ると案山子になる主人公の女の子、徐々に友達ができていきますね。
→ホント、物語は奇想天外で、先の展開が読めないのが、
・「ワンピース」
 です。この作品は黙って楽しむしかないですね。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1部、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
「L=nλ=d sinθ
L=1×0.5=1×sinθなら、θは30°《波長が0.5μm)
 波長が0.6なら、θは37°
 波長が0.7なら、θは44°
 測定では、回析角だけでなく、その回析角での回析光の強さも測定します。こうして得られた回析光の強さを縦軸に、そして波長(回析角から分かる)を横軸に書いたグラフがスペクトルです」
●高田真治、後藤基己訳「易経」(岩波文庫)
解説
三、易の組織
「太極より両儀四象八卦を生ずる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月23日 (日)

「声優界の神」は第2位

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 は、いよいよ第2位です。第2位は、
第2位、野沢雅子さん
 でした。・・・改めて語るまでもなく「声優界の神」ですね。チュンも野沢さんには、何度も感動させてもらいました。特に印象に残っているのが、星野鉄郎かな。

◎新作アニメ品評委員会30
・「ソード・オラトリア」
 ダメですね。露出が多いのに嫌悪感、登場キャラが多すぎるのに混乱。これは視聴中止にしましょう。何の感激もなかったですし・・・。
→古賀君、負けて爽やかでしたね。
・「弱虫ペダル、NEW GENERATION」
http://yowapeda.com/
 いよいよインターハイですね。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
11、相関関係と計量化
あらゆる量を実際の数字に置き換える
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化
生物的進化のダイナミズム、収束
「収束-環境を共有する第三状態にあるシステム(系)がハイパーサイクルを形成する傾向」

◎新作アニメ品評委員会32
・「月がきれい」
 面白いですね。この作品。見てると涙が出て来ますよ。せめてアニメで恋愛気分、味わってみるのも悪くないですね。
→主人公、ムチャ強いと思ったいたら、結構、弱かったりして。まあ、考えてみれば、刺されても死なないのですから、甘さも出るのかな、とも思えるのが、
・「無限の住人」
 ですね。次も楽しみに見ましょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
→電気とは何か?
第1部、エレキの謎を探る旅、1、平賀源内の挑戦
・人間エレキテル
「電気が逃げやすい物質と、逃げにくい物質が接触すると、前者から後者に電気が移動する」「一方の物質にどの程度電気が移動するかは、ぞれぞれの物質の電気の逃げやすさによって決まる。したがって、摩擦によって発生させた静電気がこの電気量の達すると、いくら摩擦をしてもそれ以上の静電気は生じなくなる」
↑つまり物質とは別個に、電気というものがあり、それが片方に移動する、貯まるということですかね・・・。でも、何故、ビリビリするのでしょうか?
●高森顕徹監修「なぜ生きる」(1万年堂出版)
はじめに
「平生業成--人生の目的が現在に完成する」

◎新作アニメ品評委員会33
・「ロクでなし魔術講師と禁忌魔法」
 3回目を見ました。何か、魔法勝負って、究極の後だしジャンケンのような気がしないでもありませんが、まあ、いいでしょう。もう少し見ましょう。
→物語は一転、父親との親子旅になりましたね。
・「サスケ」
 1つ1つの表現技術は今より劣りますが、アニメへの情熱を感じさせる作品ですね。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1部、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
d→回析格子の溝の間隔。μm。
「波長λが変わると、回析角θが変わる。逆に回析角θを測れば波長が分かる」
L=nλ=d sinθ
●高田真治、後藤基己訳「易経」(岩波文庫)
解説
三、易の組織
「易の基本概念は、陰--と陽ーの二爻であり、これを重ねること三にして、乾ーーー、兌(だ)----
八卦(乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤)
 これを控える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月19日 (水)

掴みはOK「アトム、ザ・ビギニング」

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 は、いよいよベスト3です。まずは、
第3位、藤原啓治さん
 ですね。「クレヨンしんちゃん」の父・ひろしだけではなく、ホント、いろいろな所で声を耳にしたのが、藤原さん。幅広い役をこなす声優さんでしたが、ご冥福をお祈りします。

◎新作アニメ品評委員会27
・「100%パスカル先生&プリプリちぃちゃん」
 これはこれで面白かったのですが、これを見てたら、
セブンイレブンのスイーツ
http://www.sej.co.jp/products/sweets/
 を食べたくなりましたね。こうなったら順次、挑戦してみてもいいですね。
→楽しい道具で毎回、笑わせてくれるのが、
「ドラえもん」
http://dora-world.com/
 ですね。見ると少し気分が明るくなります。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
11、相関関係と計量化
・相関関係とグラフ、そして因果関係
↑これは、ひょっとしてギャンブル予想などにも役立つのかもしれません。
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化
生物的進化のダイナミズム、「突然変異」終わり。

◎新作アニメ品評委員会28
・「トミカハイパーレスキュー」
 ・・・確かに格好良かったですが、毎週、見たいとは思えませんね。
→新展開は「ミラクル」の増殖ですか。いろいろ楽しませてくれるのが、
「タイガーマスクW」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/
 次も楽しみに見ましょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
→電気とは何か?
第1部、エレキの謎を探る旅、1、平賀源内の挑戦
・エレキテルの中身
 ここで、電気とは何か?のページを作りましょう。
http://thun2016.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
 に作成しました。
「回転するガラス管と、それと摩擦をする皮と多数の小さな金属のリンク。この皮とガラスの接触面に電気が生じ、金属リンクが電気を拾い上げる。摩擦によって生じるこの電気は、今日、静電気と呼ばれている」
↑これも書き込んでおきます。
●「密教の本」(学研)
第1章、超人編
〇役小角
脈うつ<シャーマン>の血
↑古来の日本の神々を祀る家柄だった、ということですね。でも、「密教」と関係あるのでしょうか・・・。

◎新作アニメ品評委員会29
・「アトム、ザ・ビギニング」
 掴みはOKと言いますか、少し感動しましたよ。ここに来て、すごいアニメが出て来ましたね。次も楽しみです。
→ヨンジとか66とか、覚えることいっぱいなのが、
・「ワンピース」
https://one-piece.com/
 ですね。しかし、ルフィ、よく死にかけますね。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1部、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
・電子の二重スリットの実験
 ここで、だんだんと記号が分からなくなって来ました。ここで、
http://thun2016.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
 を作成して対応します。
●高田真治、後藤基己訳「易経」(岩波文庫)
解説
二、易の成立

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月16日 (日)

懐かしアニメも見応えたっぷり

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 は、
第4位、沢城みゆきさん
 この人、「7色の声を持つ女」ということで、「ルパン三世」の峰不二子から「報道ステーション」のナレーションまで、幅広い仕事をこなされているとか。でも何と言っても、不二子ちゃんのセクシーボイスがたまりませんね。

◎新作アニメ品評委員会19
・「エロマンガ先生」
 何なんでしょう。女心は複雑、という物語でしょうか。この後、どうなるのか、想像もできませんが、次も見ようかな。
→時代劇専門チャンネルのアニメ、
・「刀剣乱舞-花丸-」
 ・・・これは見るに堪えない作品でした。迷わず視聴中止です。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
11、相関関係と計量化
・歯車と歯車
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化
生物的進化のダイナミズム、突然変異
「突然変異のプロセスは、環境からの影響を直接受けて生じたゲノム-ある個体が持つ特定の遺伝子型-内の相転移によって引き起こされる跳躍的なプロセスである」

◎新作アニメ品評委員会21
・「BORUTO-ボルト-」2回目
 まあ、これはこれで、面白いですね。「BORUTO」、これからも気合い入れて作ってほしいと思います。
→同じ学校の燃えるライバル対決でしたね。
・「弱虫ペダル NEW GENERATION」
http://yowapeda.com/
 平凡でも頑張れば、何とかなるのかな。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
→電気とは何か?
第1部、エレキの謎を探る旅、1、平賀源内の挑戦
・1000年前の先輩
↑ここで空海のことが書かれてますが、何故、空海の記述が必要なのかは、まったく意味不明。竹内先生の本は、こうした横道の記述を読んでいるうちに、チュンの場合、肝心なことを忘れてしまいます。
●「密教の本」(学研)
第1章、超人編
〇役小角
↑修験道の開祖ですか・・・。

◎新作アニメ品評委員会24
・「スナックワールド」
 これ3Dアニメって言うんでしょうか。最初は外国のつまらないアニメかと思っていたのですが、見始めると、結構、面白い。よく見たら、制作は日本ですね。これは次も見ましょう。
→チュンの子供の頃の作品なので、と半ば馬鹿にしてたら、意外に見ごたえたっぷりだったのが、
「サスケ」
 ですね。これは次も見ましょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
「・光子計測器(フォトンカウンター)による観測」終わり。
●高田真治、後藤基己訳「易経」(岩波文庫)
解説
「一、易の名義」終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月14日 (金)

行きつ戻りつ

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 は、
第5位、関智一さん
 でしたね。スネ夫とウィスパーって、両方、関さんなんですね。幅広い役をこなす天才なんですね。

◎新作アニメ品評委員会10
・「コードネームミラージュ」
 厳密に言えば、アニメではなく実写の上に、全然面白くありません。これはパス。
→これがチュンの原点と言えば、そういうことです。
・「ドラえもん、クレヨンしんちゃん、春だ!映画だ!3時間アニメ祭り、第2弾」
 見ましたよ。どちらも面白かったです。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
10、神のジグソーパズル
・時計仕掛けの世界
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化
生物的進化のダイナミズム、「種形成」終わり。

◎新作アニメ品評委員会14
・「武装少女、マキャヴェリズム」
 タイトル通り、刀を持った女の子がいっぱい出て来て、新入生の主人公男性が、その女の子たちと戦う、といったアニメのようですが、まあ、これもハーレムアニメの変形ですかね。・・・微妙ですね。
→テレビシリーズ前に先行発売されたのが、
・OVA「鬼平」
 テレビシリーズとは設定が異なる部分もありましたが、「鬼平」の魅力が凝縮された感じの作品でしたね。実は先期のチュンのアニメ大賞は「鬼平」だったんですよね。・・・選んで正解だったような気がします。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
↑ずっと、この本、読んで来ましたが、チュンには「マクスウェルの方程式」どころか、そもそも電気とは何か?それすら分かりませんね。やり直しましょう。
1、平賀源内の挑戦
謎の器械
↑ここで平賀源内の人物史が書かれてますが、そんなものは、どうでもいいです。
 早い話、ここで重要なのは、
触るとビリッというショックとともに、火花が飛ぶ器械
 それが「電気」を使った器械である。ということでしょう。
 ここの文章、長々と書かれてますが、電気についての記述はそれだけです。
●ここの、
・バジリコ編集部「人は生きる」(basilico)
 は、外読みの本にします。
●「密教の本」(学研)
・密教を演出する法具

◎新作アニメ品評委員会17
・「ロクでなし魔術講師と禁忌経典」2回目
 ロクでなし講師が真面目になったと思ったら、事件発生。面白くなって来ましたね。
→1話の時点でやめようかと思いましたが、2話まで見たら、その後の展開が気になって来たのが、
「無限の住人」
 ですね。もう少し見てみましょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
・光子計測器(フォトンカウンター)による観測
「光子は波としての性質を持っているので、1個の光子でも実は同時に両方のスリットを通り抜けていると考えざるえない」
↑これはチュンにとっての大問題です。チュンがこの事実について「光の速度は(動きは)時間より速いのではないか」と思ってしまうのですが、どうなんでしょう。
●高田真治、後藤基己訳「易経」(岩波文庫)
解説
一、易の名義
↑まあ、「易の名義」=名前の由来なんで、どうでもいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月11日 (火)

新作アニメ品評委員会

 まずは今回も、
〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 です。
第6位、田中真弓さん
 「ワンピース」ルフィをはじめ、30年以上愛される永遠の少年ボイスですか。確かに、この人の声には、チュンも何度も勇気をもらってますね。
 などと書いていたら、チュンの録画機には、新作アニメが貯まってきました。ここで特別企画、
新作アニメ品評委員会
 を、このブログと日記の随所で行うことにしましょう。

◎新作アニメ品評委員会2
・「ロクでなし魔術講師と禁忌経典
 何か、このテの作品には、ステレオタイプを感じてしまうのですが、あまり先入観を持つのも作り手に申し訳ありませんので、もう1回は見てみますか・・・。
→飢えてばっかで、あまり話が進んでない感じもするのが、
・「ワンピース」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/
 次の展開に期待です。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
10、神のジグソーパズル
・八百万の神々と森羅万象
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化
生物的進化のダイナミズム、種形成
「偶然の変化に自然淘汰が作用して進化するという考え方は、ある特定の種の内部で亜種が生じる現象を説明することはできても、次々と異なる種に進化するという現象を説明することはほとんど不可能である」

◎新作アニメ品評委員会5
・「夏目友人帳、陸、放送記念スペシャル」
 もう、この作品も通算9年になるんですね。この作品のやさしさにチュン、何度泣かされたでしょう。でも、シリーズが進むにつれ、レイコとのエピソードが少なくなるのは、ホントに寂しいですね。まあ、初回は忘れずに見ますよ。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
・ガウスの法則のありがたみを探る
「コンデンサーの電界の強さを求めるのに、クーロンの法則を適用するには、点電荷が一様に広がっているとみなして、その広がった電荷からのクーロン力を全部足し算する必要がある。
クーロンの法則
F=k qaqb/r2」
●バジリコ編集部「人は生きる」(basilico)
はじめに
「矢作教授『人は死なない』が掲示する生きるための知恵」ということで、読んでみることにしましょう。

◎新作アニメ品評委員会7
・「グランブルーファンタジー、ジ・アニメーション」
 昨日の「三作品合同特番、春の新作祭り」でも紹介されていた作品ですが、・・・どうでしょう、1話を見た限りでは、それほどワクワク感はないですね。せっかくですので、もう1回、見てもいいですが・・・。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
・光子計測器(フォトンカウンター)による観測
「光子は波としての性質を持っているので、1個の光子でも実は同時に両方のスリットを通り抜けていると考えざるえない」
●「密教の本」(学研)
・密教、光と闇の聖なる空間
壮厳なる大宇宙のヴィジョン曼荼羅

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月 9日 (日)

「鬼平」のOVAが・・・

 今回も、まずは、
〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 です。
7位、高山みなみさん
 キャラクターを問わず何でもこなしてしまう、高山さん。「魔女の宅急便」のキキ、ウルスラ、両方、高山さんなんてビックリです。

 チュンが今期のアニメ大賞に選んだのが、
・「鬼平」
http://onihei-anime.com/
 でした。この作品には、何度も泣かされましたね。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
10、神のジグソーパズル
・ガリレオは神を否定したのか?
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化、「生物進化の始まり」終わり。

 ちょっと寂しい終わり方でしたが、これはこれで、いいのかもしれません。素晴らしい日本の映像技術を見せてくれたのが、
・「絶狼<ZERO>」
http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/17942_201701062523.html
 でしたね。次の作品も心待ちにしています。
→「時代劇専門チャンネル」
https://www.jidaigeki.com/shinya_anime/
 は、少し注目ですね。「鬼平」の再放送は別として、10日のOVAは見逃せません。→録画予約しました。
 火曜日の「無限の住人」。
 水曜日の「刀剣乱舞-花丸-」
 木曜日のムチャ懐かしい「サスケ」
 も見ましょう。楽しそうです。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
・ガウスの法則のありがたいを探る
「クーロンの法則
F=k qaqb/r2
ガウスの法則
ε0∫Eds=∫pdv」
●矢作直樹著「人は死なない」(basilico)
第5章、人は死なない
三、医療における利他の実践
・医療とは何か
↑この本、終わりました。あまり参考にはなりませんでしたね。

 タイガー・ザ・ダークの正体が明らかになる衝撃な展開だったおのが、
・「タイガーマスクW」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/
 でした。これから、どうなるのでしょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
「・電子も波である。」終わり。
●「密教の本」(学研)
・密教、光と闇の聖なる空間
聖なるコスモス(大宇宙)と感応する密教の修法

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月 7日 (金)

「アニソンベスト100」、寂しく終了・・・

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 から。
第8位、中尾隆聖さん
 「ドラゴンボースZ」のフリーザなど、悪役の名優ですか。
〇NHK「アニソンベスト100」
 は、最後まで見ましたが、ううう、上位2位、全部、知りません。この企画、寂しく、終わりましょう。

 映画館の大画面を意識したのでしょうか。大迫力の戦闘シーンがいっぱいだったのが、
・「劇場版、ガールズ&パンツァー」
http://girls-und-panzer.jp/
 でした。でも、ちょっと戦闘シーンが多すぎて、何をやっているのか分かりかねるところも多かったですね。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
9、ニュートンのリンゴ
・彼と彼女の間の万有引力
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化、生物進化の始まり
「宇宙そのものが、生命の基本的な要素となるものを生み出し、この基本要素の一部が、おそらく高密度の星間雲に由来する塵粒子によって運ばれ、出来て間もない地球の表面に到達した可能性があることが、今ではわかっている」

 仲間、絆・・・チュン、そうした言葉、あまり好きじゃないのですが、まあ、良かったですね。
・「チェインクロニクル~ヒクセイタスの閃~」
http://chronicle-anime.com/
 でも、これがゲームだったら、チュン、攻略できないかもしれませんね。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
「点電荷と球の関係で見たように、ガウスの法則は、クーロンの法則と等価である。内容的には、極めてシンプルな物理なので、その本質を見失わないようにしよう」
●矢作直樹著「人は死なない」(basilico)
第5章、人は死なない
三、医療における利他の実践
・救急医療の意義
↑チュンは利他を批判しましたが、利他がないと医療現場は成り立たない、ということですか。・・・でも、本当にそれは、利他なのでしょうか。

 外にも、内にも、ライバル多数出現で、何だかすごい展開になって来たのが、
・「弱虫ペダル NEW GENERATION」
http://yowapeda.com/
 ですね。・・・でも、そろそろ改編期なのですが、このアニメは続くのかな。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
・電子も波である。
「波の強い点Sから2つの波の源A,Bまでの距離SAとSBの間には、
SA-SB=nλ(nは整数)」
「一方、波の弱い点Wから2つの波の源A,Bまでの距離では、
WA-WB=(n+1/2)λ(nは整数)
 が成り立っていて、ちょうど半波長だけずれているので、Aから来る波とBから来る波の大きさは同じですが、向きは反対です。したがって、打ち消し合ってゼロになります」
●「密教の本」(学研)
・密教、光と闇の聖なる空間
仏たちの華麗なるパンテオン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月 4日 (火)

「妖女戦記」「クズの本懐」最終回・・・

 今回も、
〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 から。
第9位、古川登志夫さん
 ですね。「ワンピース」のエースも、この人。この人、リアルな演技の達人なんですね。
 続いて、
〇NHK「アニソンベスト100」
 の
・6位、「only my railgun」(とある科学の超電磁砲)
http://www.youtube.com/watch?v=7T2XcmEA3xc
 は、ある方からリクエストされて、チュンがカラオケで歌った歌ですね。覚えるのにムチャクチャ苦労した覚えがあります。

 これはこれで面白かったのが、
・「ガールズ&パンツァー」
OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」
http://girls-und-panzer.jp/
 でした。この後は「劇場版」も、じっくり楽しみましょう。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
9、ニュートンのリンゴ
「・万有引力をあらわす式」終わり。
●佐治晴夫著「宇宙の不思議」(PHP研究所)
第2章、夜の空はなぜ暗い
・星が見えるのはなぜだろう
「星がなぜ見えるの?という素朴な『問いかけ』の中に、光は粒子としての性質(これをフォトンとよんでいます)ということが隠されている」

 平和のため、家族のため、正義のため。そして、そこに神さえも巻き込んで、戦争は続くんですね。
・「幼女戦記」
http://youjo-senki.jp/
 ある意味、すごい作品でした。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
「E×4πr2=qa/ε0
ガウスの法則
 を積分で書くと、
∫EdS
 つまり、
∫EdS=qa/ε0
ε0∫Eds=qa
 先にqa=∫pvdだったので、
ε0∫Eds=∫pvd
 これが、マクスウェルの方程式第1式。(ただし、この式は電界が閉曲線を垂直に横切る場合)」
●アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
第二部、領域別に見る進化
四、生命の進化
「宇宙全体で優勢な組織化水準の集合から、地球の生物圏に存在する生きた系が占有する組織化水準の集合へと目を移しても、第三状態にあるすべての系の進化を支配する一般法則が不変であることは変わらない」

 まだ途中までしか見てませんが、ここで思うこと。人は思うがまま、自由に生きていれば良い。自由に生きていたって、出会う時には、本当の恋にだって、出会えるのだから・・・。
・「クズの本懐」
http://www.kuzunohonkai.com/
 昨日、「快活クラブ」に行ったら、「オススメ本」のコーナーに、この作品、いっぱい並んでましたね。まあ、この作品も、心に残る名作ですかね。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1章、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
・hからh-へ
「2つの式、
E=hv=h-w
p=h/λ=h-k
 は暗記の必要あり」
●矢作直樹著「人は死なない」(basilico)
第5章、人は死なない
一、生きるための知恵
・利他
↑この世界で一番大切なことは「利他」ではない!何故なら、本当に「利他」を実践したら、人間は一時たりとも生きられないからです。やはり、この本は間違ってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月 2日 (日)

少し本の入れ替え

 今回も、
〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 で、いよいよベスト10ですね。
・第10位、大塚明夫さん
 ううう、まさにハードボイルドな渋い声、「ブラック・ジャック」の主人公をはじめ、こういう声優さんがいると、アニメ自体が引き締まりますね。親子2代の声優さんで、「忍たま乱太郎」の山田先生を受け継いでいるなんて、いい話ですね。
〇NHK「アニソンベスト100」
 では、
・7位、「プラチナ」(カードキャプターさくら)
http://www.uta-net.com/movie/40003/
 もチュンにとっては、センセーショナルな歌でしたね。「カードキャプターさくら」、本当に面白い作品でしたね。

 何だか、よく分かりませんが、優勝できたのも、お姉ちゃんと仲直りできたのも良かったです。ホント、爽やかなアニメだったのが、
・「ガールズ&パンツァー12」
http://girls-und-panzer.jp/
 でした。・・・でも、このアニメ、もう少し続きます。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
9、ニュートンのリンゴ
・万有引力をあらわす式
「万有引力の大きさ(F)
=ある定数(G)×物体Aの質量(ma)×物体Bの質量(mb)÷郷里(r)の二乗
=G mamb/r2
Gは『万有引力定数』」
●佐治晴夫著「宇宙の不思議」(PHP研究所)
第2章、夜の空はなぜ暗い
・夜があるのはなぜだろう

 ふくわらマスクはいいとして、ウォーゲーム、面白そうですね。本物と連動した、異色のアニメが、
・「タイガーマスクW」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/
 です。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
「E×4πr2=qa/ε0
ガウスの法則
 も、左辺は閉じた球面の表面積Sと電界の強さEのかけ算なので、シグマを使って書くと、
ΣE△S
 積分で書くと、
∫EdS
 となる」
●次回から、ここに、
・アーヴィン・ラズロ著「進化の総合真理」(バベル・プレス)
 を入れたいと思います。

 何と言うのでしょう。見ていて爽快感があるのが、
・「ワンピース」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/
 ですね。・・・しかし、このアニメの登場人物、一体、どんだけ食べるのでしょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1章、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
・hからh-へ
「運動量
p=h/λ
 も
p=2πh-/λ
 となり、そこに、波数k=2π/λを使うと、
p=h-k
となる」
 次は、変更して、
●矢作直樹著「人は死なない」(basilico)
第5章、人は死なない
一、生きるための知恵
・心身を労わる
「心身の余裕ができると、頭の回転がよくなり、集中力も湧き、積極的な考えができる」
↑わざわざ書くこともない気もしますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »