« 本、少し変更 | トップページ | 「数学」、挫折寸前・・・ »

2017年3月 3日 (金)

明るいのも、いいけれど・・・

 今回も、
〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 から見ましょうか。
・第20位、千葉繁さん
 この辺りは、チュンには御馴染みの声優さんですね。番組でも千葉さんのキャラ、いろいろ紹介されてましたが、チュンの心に残る千葉さんの役と言えば、
「うる星やつら」メガネ
 ですね。いい味、出してました。
〇NHK「アニソンベスト100」
 は、
・84位、「KEY OF HEART」(森のリトル・ギャング)
・83位、「時を刻む唄」(CLANNAD AFTER STORY)
・82位、「ヤマトより愛をこめて」(さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士たち-)
・81位、「MASAYUME CHASING」(FAIRY TAIL)
・80位、「COLORS」(ゴードギアス反逆のルルーシュ)
・79位、「絶対無敵☆Fallin' LOVE☆」(美男高校地球防衛部LOVE!)
・78位、「君の銀の庭」(魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語)
 と続きますが、チュンの思い出に残っているのは、
・77位、「Every Heart-ミンナノキモチ-」(犬夜叉)
http://www.youtube.com/watch?v=1w8MobuvuYA
 ですかね。チュンは当時、BoAをまったく知らなくて、ムチャ歌がうまい人が出て来たな、と思ったら、それが韓国のシンガーと聞いて驚いた記憶がありますね。

 戦車道に公式戦なんてあるんですね。まずます楽しくなって来たのが、
・「ガールズ&パンツァー4」
http://girls-und-panzer.jp/
 です。でも、これを見ると戦車に詳しくなるのかな、とも思ったのですが、そういう訳でもないみたいですね。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 実を言いますとチュン、この本、挫折寸前なのですが、・・・まだ肝心の「微積分」にも進んでませんので、気を取り直して、次、
Σ記号、それは便利な記号
 に進んでみ、ましょう。
1の2乗+2の2乗+・・・・+nの2乗をnΣk=1 k2とする。
1の2乗+2の2乗+・・・・+(n-1)の2乗をn-1Σk=1 k2とする。
↑これ、パソコンでは書きにくいですね・・・。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
バッドでボールを打ち返す場合
「ぶつかる前の2つの物体の速度をVa、Vb、ぶつかった後の速度をVa',Vb'とすると、
e=Va'-Vb'/Va-Vb
 eを、『跳ね返り係数』という」

 何だか話が多すぎて、訳が分からなくなるのが、
・「ワンピース」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/
 チュン、チョッパーのお話など、すっかり記憶から消えてますね。困ったものです。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
第2部、電磁気学の統合
1、マックスウェルの方程式
マックスウェルの方程式へのバージョンアップ
「おさらい
点電荷qa,qbが距離rを隔ててある場合、働く力Fは、
F=k×qa・qb/r2
kは定数」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
1章、人は死んだらどこへ行くのか?
・死後七日目-「三途の川」を渡る
「罪の軽い人が川を渡る場合は浅瀬だが、罪の重い人間が渡ろうとすると濁流」
「六文銭、地獄の沙汰も金次第」
「懸衣翁と奪衣婆」
「賽の河原、地蔵菩薩」
↑・・・やはり地蔵菩薩というのは、そういう存在ですかね・・・。

 今、チュン、少し落ち込んでいるのですが、・・・そんな時、あまりの明るさが、かえって心に刺さるのが、
・「BanG Dream!」
http://bang-dream.com/
 ですか・・・。視聴を続けるのか、考えましょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
・ブランクの提案
「溶鉱炉から出て来る光のエネルギーEは、振動数vのh倍である。
E=hv
hはブランク定数h=6.626×10のー34乗J・s(ジュール秒)」
●村上春樹著「風の歌を聴け」(講談社文庫)

↑あっと言う間に終わってしまいました。18日の物語のようです。

|
|

« 本、少し変更 | トップページ | 「数学」、挫折寸前・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100572/64966041

この記事へのトラックバック一覧です: 明るいのも、いいけれど・・・:

« 本、少し変更 | トップページ | 「数学」、挫折寸前・・・ »