« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

タタタタタタタタタ

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 続けましょう。ううう、またチュンには、うれしい人が出て来ました。
・第22位、神谷明さん
 です。
 「北斗の拳」ケンシロウ、「シティーハンター」冴羽リョウ「キン肉マン」キン肉マン・・・。チュンにとってはミスター声優さんといった感じの人ですね。
 そんな神谷さんが古希=70歳ですか・・・。・・・また歳を感じてしまいました。
〇NHK「アニソンベスト100」
 の方は、
・88位、「君色思い」(赤ずきんチャチャ)
・87位、「unravel」(東京喰種トーキョーグール)
・86位、「Forフルーツバスケット」
 と続きますが、何と言いましてもチュン忘れられないのは、
・「Forフルーツバスケット」
http://www.youtube.com/watch?v=2c3FzdTCpEo
 ですね。
 この作品、内容そのものは何だか、よく分からない作品だったのですが、このテーマソングだけが、やけに頭に残ってしまって、その当時でチュンには珍しかったのですが、この歌、覚えましたよ。
 それと、もう1つ覚えているのは、ずっと最近になって(2004年のようです)、岡崎律子さんの訃報に接したこと。どこだったか場所は忘れましたが、泣きながら、この歌、歌ったのを覚えてます。
 「タタタタタタタタ」なんて歌、カラオケで歌うの、少し勇気がいるのですが、また、歌ってみようかな。

・「ガールズ&パンツァー2」
http://girls-und-panzer.jp/
 早くも教官が来て、実戦練習が始まりましたよ。戦車って、クラッチがあるんですね。久しぶりにクラッチのある車、運転したいな・・・。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 最後は、p<0の場合です。
 ううう、ここで本には、1+px≦0なら、
「いうことはありません」
 とあるのですが、・・・よく分かりませんが、解説が書いてませんので、そんな感じですか。
 そして、
1+px<0
 の場合として「アルキメデスの原則」というのが書いてあります。・・・これが思いの他、複雑みたいですね。回を改めて考えましょう。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
車どうしの衝突の場合
「運動エネルギーは速度の二乗に比例することから、時速109キロと時速11キロでは、仕事は100倍も違う」

 楽しいアニメなのに、考えさせられるところも多いのが、
・「ドラえもん」
http://dora-world.com/index.html
 ですね。・・・やっぱウソはダメですね。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第3章、束縛を破る
3-1、初等数学
「公準1-1、a,bが類に属すればa&#8853;b=b&#8853;a
公準1-2、a,b,cが類に属すれば、(a&#8853;b)&#8853;c=a&#8853;(b&#8853;c)
公準1-3、a,bが類に属すれば、この類に属し、a&#8853;x=bを満たすようなxが存在する」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
「マクスウェルの方程式の第4式は、電磁石を表すアンペールの法則、
(第4式)H=1/2πr
に対応する」

 ヒロイン去る!?かと思えば、とんでもない展開に。
・「絶狼<ZERO>」
http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/17942_201701062523.html
 ヒロインに冷たくすると、ロクなことがない物語です。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
「温度が高くなるにつれて、短い波長の光が強くなり、スペクトルのピークも短い波長にずれます。たとえば、1800K(=1527°)では、波長は1.6um付近で最大ですが、2500K(=2227°)では、1.1um付近に移動します。(可視光では違いが分かりにくい)」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
1章、人は死んだらどこへ行くのか?
・死後四十九日に待ち受ける試練とは?
線香の煙は冥土の旅への道しるべ
↑線香がないお葬式の場合は、どうなるのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月27日 (月)

ようやく知ってる歌

〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 続きを見ましょう。
・第23位、肝付兼太さん
 「ドラえもん」初代スネ夫、「銀河鉄道999」車掌、「おそ松くん」イヤミ・・・この人ならチュンも知ってますよ。でも、昨年、お亡くなりになってるんですね。・・・時代を感じます。
〇NHK「アニソンベスト100」
 の方は、
・90位、「『ツキノウタ。』-TV SIZE」(ツキウタ。THE ANIMATION)
・89位、「ブルーウォーター」(不思議の海のナディア)
https://www.youtube.com/watch?v=BJt0xPUdWzc
 ここで、ようやくチュンでも知っているアニメ歌、出て来ましたよ。
 考えてみると、この頃でしょうか。NHKのアニメってスゴい、などと思ったのは、このアニメなども、次が見たくて、次が見たくて、って感じでしたよね。それと比べると、最近の、
・「三月のライオン」
・「龍の歯医者」
 のつまらなさは、何でしょうね。「キングダム」の後、NHKアニメの質が急に落ちたような気がしますね。寂しいな・・・。

 面白くないな、と言いますか、笑えないな、などと思いながらも、最後まで見てしまったのが、
・「NARUTO疾風伝」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/index2.html
 ですか。こりゃボルトまで待つしかないかな・・・。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 次は、
0<p<1
相加平均は、常に1+x
相乗平均は、常に(1+px)1/p
そして、
0<p<1
 の場合は、
(1+px)1/p≧1+x
 両本をp乗すると、
(1+x)p≦1+px
 となる。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
車どうしの衝突の場合
「1トンの乗用車と10トンのトラックが同じ時速60キロで正面衝突すると、
車、1000kg×60キロメートル/時=60000
トラック-10000×60=-600000
加えると、-540000kgキロメートル/時
 衝突後、
m1v1'+m2v1'
=(m1+m2)v1'
=11000kg×v1'
とすると、
v1'≒-49キロメートル/時
 これは車が時速49キロメートルで押し戻される、トラックが時速-11キロメートル減速する、ということを意味する」

・「ガールズ&パンツァー1」
 一気見します。「乙女のための戦車道」ですか。突然の友情物語もあって、つかみはOKといった感じでした。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第3章、束縛を破る
3-1、初等数学
 「この公準は、『&#8853;に関して閉じている』と表現される」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
電磁気学をまとめあげる
「マクスウェルの第3式は、
(第3式)磁石のN極とS極は必ずペアである。
 になる」

 前シリーズも含め、このアニメで初めて馬車に乗り、冒険ぽい冒険の雰囲気が楽しめたのが、
・「この素晴らしい世界に祝福を!2」
http://konosuba.com/
 でした。まあ、実際には、単に温泉旅行みたいですが・・・。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
「回析格子の溝の間隔dは、可視光を測定する場合、1μm(1mmの1000分の1)程度です。回折格子を使って測る波長と、回析格子の溝の間隔が同じ程度の大きさであることを覚えておきましょう」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
・”変わり果てた姿”のイザナミを見たイザナギは・・・
「海の彼方にあるとされる『常世の国』と呼ばれる理想郷がある」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月24日 (金)

やっぱ「鬼平」かな・・・

 今日も、
〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 を見ましょう。
・第24位、三ツ矢雄二さん
 この人なら、チュンも知ってますよ。バラエティー番組でも、見たことがあります。ううう、でも、この人が、「タッチ」の上杉達也だったとは知りませんでした。・・・「タッチ」は、南ちゃんばかり見てて、他の人はあまり見てなかった気もするな・・・。
 チュンのアニメ知識の無さを露呈している、
〇NHK「アニソンベスト100」
 の方は、
・95位、「炎のさだめ」(装甲騎兵ボトムズ)
・94位、「僕らのLIVE君とのLIFE」(ラブライブ!Scool idol project)
・93位、「サムライハート(Some Like It Hot!!)」(銀魂-ぎんたま-)
・92位、「哀戦士」(機動戦士ガンダムⅡ哀戦士編)
・91位、「曇天」(銀魂-ぎんたま-)
 と、・・・知らない歌ばかりが並んでいます。「銀魂-ぎんたま-」は、今の訳の分からない物語仕立ての「銀魂-ぎんたま-」は視聴中止しましたが、それまでは見ていたはずなのに、上記の曲、聞きましたが、まったく記憶にありませんね。

 「最後の走行会」というので何かと思ったら、「箱根学園」だったんですね。しかし、男子自転車部は熱いですね。
・「弱虫ペダル NEW GENERATION」
http://yowapeda.com/
 チュンには、ついて行けません。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 前回、相加平均を出しましたので、次は、相乗平均です。これは、
((1+ m/n x)のn乗×1のm-n乗)のm乗根
 で、1のm-n乗は1ですので、
((1+ m/n x)のn乗)のm乗根
 つまり、
(1+ m/n x)のn/m乗
 です。相加平均はx+1で、相加平均≧相乗平均ですので、これは、
1+x≧(1+ m/n x)のn/m乗
 となり、両方をm/n乗すると、
(1+x)のm/n乗≧1+m/n x
 となり、ずっと前にp=m/nと置きましたので、これでp>1のとき、
(1+x)のp乗≧1+px
 が成り立ちました。残りは、0<p<1とp<0ですね。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
車どうしの衝突の場合
「同じ重量の車が同じ速度で衝突したら、2つの車はその場で静止してしまう」

 もう、年寄りだとか、アニメセンスがないとか、何と言われても構いません。やっぱり素晴らしいのが、
・「鬼平」
http://onihei-anime.com/
 ですね。今回も泣かされました。心に染みますね。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第3章、束縛を破る
3-1、初等数学
「いま1つの類と2つの演算(結び付けの規則)を与える。この2つの演算は、この類に属するものの任意の対に対して施される」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
電磁気学をまとめあげる
「マクスウェルの方程式の第2式は、電磁誘導の法則を表す式で、(第2式)V=Δθ/Δt
 に対応する」

 女の子は勝負は二の次、なんて思っていたら、そんなことはないみたいですね。
・「南鎌倉高校女子自転車部」
http://minakama-anime.jp/
 でも、関係のない1年生まで仲間になってしまったのには、驚き。前の方の1年生って、コスプレ部じゃなかったの?
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
「測定では、回析角だけでなく、その回析角での回折光の強さも測定します。こうして得られた回析光の強さを縦軸に、そして波長を横軸に書いたグラフがスペクトルです」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
・『古事記』に記された”黄泉の国”とは
「日本の陸地のどこかに”あの世”があると信じられてきた」
「イザナギとイザナミの神話」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月21日 (火)

実は、それほどアニメ、知らない・・・

 せっかくアニメを見ているのですから、もう少しアニメのことを知ろうと始めたのが、
〇「日本アニメ誕生100周年記念、声優総選挙2017」
 です。そして、本日見たのが、
・同率第25位、平田広明さん
 ですか。
 「宇宙兄弟」の南波六太、ジョニー・デップ、「ワンピース」のサンジの声を担当する、何と言うのでしょう、大人の声優さん、という感じですね。サンジは、チュンの愛するタバコキャラでもあります。平田広明さん、覚えておきましょう。
〇NHK「アニソンベスト100」
 の方は、
・99位、「ETERNAL WIND-ほほえみは光る風の中-」(機動戦士ガンダムF91)
 ・・・これも、まったく知りません。
・98位、「おジャ魔女カーニバル!!」(おジャ魔女どれみ)
http://www.youtube.com/watch?v=agX0qoks-qI
 これも世代的に知りません。
・97位、「宿り星」(双星の陰陽師)
 ・・・この作品、まだ最近ですよね。少し見ていたような・・・。でも微妙です。
・96位、「THE HERO!!~怒れる拳に火をつけろ~」(ワンパンマン)
 「ワンパンマン」って何?「アンパンマン」じゃないの?
 ううう、ここまで、チュンのアニメ知識のなさを露呈するような結果ですね・・・。

 ・・・何か、ムチャ上達、早いような気がするのは、単にチュンに音楽センスがないから・・・でしょうか。
・「BanG Dream!」
http://bang-dream.com/
 やっぱプロは、すごいです。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 とりあえず前回、
「もっとマシな証明方法はないのでしょうかね・・・」とは書きましたが、そんなのチュンに分かるはずもありませんので、
正数1+m/n xをn個
正数1をm-n個
 として、相加平均と相乗平均を出しましょう。
 相加平均は、
(((1+ m/n x)×n) +(1×m-n))÷m
 ですので、
(n+mx+m-n)÷m
(mx+m)÷m=x+1
 つまり、相加平均は、x-1となります。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
衝突を支配するもの=運動量保存則
 前回、
MaVa'+MbVb'=MaVa+MbVb
 を書きましたが、逆ですが、この式の右辺は衝突前、左辺は衝突後の運動量を表していて、それが衝突前と衝突後では変わらない
それが「運動量保存則」だそうです。・・・分かったような・・・。

 何故か今回、突如、総集編だったのが、
・「幼女戦記」
http://youjo-senki.jp/
 スタッフの皆様、頑張ってください。期待してます。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第3章、束縛を破る
3-1、初等数学
「もしiがCの構成要素ならば、iはCに属するという」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
電磁気学をまとめあげる
「マクスウェルの方程式の第1式はクーロン力を表す式で、
(第1式)F=k q1q2/r2
 に対応する」

 とうとう主人公が黒騎士になってしまったのが、
・「チェインクロニクル~ヒクセイタスの閃~」
http://chronicle-anime.com/
 だんだんと次が楽しみになって来ました。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
「L=nλ(nは整数)
=dsinθ。dは隣りの溝との間隔。
λ=0.5μm、n=1、d=1μm
 なら、
0.5=sinθとなり、θは30°」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
「不殺生、菜食主義」を貫く理由
「来世、自分が害虫になるかもしれないし、今、目の前にいる虫や魚が、前世では自分に肉親や友人だったかもしれない」
「解脱。ガンジス川に身を浸すという行為も、解脱につながる」
「七回生まれ変わっても、けっしてご恩は忘れません」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月20日 (月)

一応、新企画

 この日記、このほどSNSにリンクを入れました。それを記念して、2つの企画を行います。(企画と言いましても、大したものではないですが・・・)。
 1つのチュン、アニメのこと書いてますが、特にアニメに詳しい訳じゃないんですよね。そこでアニメにもっと詳しくなるために、少し前にテレビで放送された、
〇「日本アニメ誕生100周年記念」「声優総選挙2017」
 で選ばれた、声優さんを順に見ていくことにします。本日は、
・第25位、島本須美さん
 「風の谷のナウシカ」のナウシカ、「ルパン三世、カリオストロの城」のクラリス、「小公女セーラ」のセーラ
「いや、やつはとんでもない物を盗んでいきました」「あなたの心です」・・・「はい」
 チュン、島本須美さんという名前、知らなかったのですが、確かに心に残る、ヒロイン声優さんですね。
 もう1つは昨夜、放送の、
〇NHK「アニソンベスト100」
 です。
・100位、「水の星へ愛を込めて」(機動戦士Zガンダム)

http://www.youtube.com/watch?v=LbshrfQm_L4

 ・・・チュン、「ガンダム世代」ではありませんので、いきなり聞いたこともない曲ですね。・・・初めて聞きますので、何ともコメントできません。

・「龍の歯医者<前編>」
http://www.nhk.or.jp/anime/ryu/
 見ましたよ。いきなり清水富美加の名前が出て来て驚きましたが、内容は、チュンには、よく分かりませんでしたな。龍、龍と言っている大きな移動体、龍には見えないし、歯だけを守るというのも、どうにも納得できないし。
 つまらないアニメを見ちゃったな、と思いましたよ。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
2、(1+x)p乗に関する不等式
p>1の場合
 を見ます。
p=m/n、m>nとすると、証明したい不等式は、
(1+x)のm/n乗≧1+m/n x
 です。まず、
右辺1+ m/n x≦0の場合は、左辺のm/n乗してますので、当たり前に成り立ちます。
 次に、
右辺1+ m/n>0の場合ですが、・・・ううう、ここに巻末1の、
相加平均≧相乗平均
 を使ってますね。ここでは、
正数1+m/n xをn個
正数1をm-n個
 として、相加平均と相乗平均を出しているのですが、ううう、結果的には、それで正しいのですが、チュンには、こじつけにしか見えません。もっとマシな証明方法はないのでしょうかね・・・。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
衝突を支配するもの=運動量保存則
「前回、
FΔt=MaΔVa
 と、
ΔVa=Va'-Va
 を出しました。この2つをくっつけると、
FΔt=Ma(Va'-Va)
 となります。さらに、このボールと逆の力、物体Bにかかる力は、
-FΔt=Mb(Vb'-Vb)
 そして、この2つを足すと、
Ma(Va'-Va)+Mb(Vb'-Vb)=0
 というのも分かります。そして、さらにそれを変形すると、
MaVa'+MbVb'=MaVa+MbVb
 となる。そこまではOKです。」

 ・・・どうなんでしょう。結局、どうやっても満たされない、そんな感じですか。
・「クズの本懐」
http://www.kuzunohonkai.com/
 人間って、こまったものですね。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
(「第2章、数学的真理」終わり)
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
(「もっと正確な速度、それが微分」終わり)

 相変わらず、先が読めないのが、
・「ワンピース」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/
 ですね。何が起こるのか、ワクワクして待ちましょう。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
「L=nλ(nは整数)
=dsinθ。dは隣りの溝との間隔。」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
なぜヒンドゥー教徒は「業(カルマ)」思想を信じるのか
 死生観、ウパニシャッド(奥義書)、唯一神「ブラフマン」、「我(アートマン)」
 あらゆる生物はその生を終えても、繰り返し同じアートマンを持った存在として生まれ変わる。
 「業(カルマ)」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月18日 (土)

気をつけましょう・・

 予言書の訳の分からない文章は、何とでも解釈できる。ある意味、「ノストラダムスの大予言」も皮肉っているのが、
・「ドラえもん」
http://dora-world.com/index.html
 『大予言・地球の滅びる日』ですか。チュンもそのテの本、好きですので、気をつけないとダメですね。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
もっと詳しく知りたい人は、巻末4を見よ!
 ということですので、見てみましょう。
4、1r+2r+・・・+nrに関する不等式
 な、何と、これを理解するためには、巻末2を理解し、それを変形する必要があるのだとか。・・・仕方ありません。
2、(1+x)p乗に関する不等式
 を見ましょう。
 まず、この不等式はp乗のpが、p>1のとき、0<p<1のとき、p<0のときで変わるそうです。そして、
p>1とp<0の場合は、
(1+x)p乗≧1+px
0<p<1の場合は、
(1+x)p乗≦1+px
 となるそうです。ところで1+pxって何でしょう。訳が分かりませんね。まあ、今日は、ここまでにしましょう。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
衝突を支配するもの=運動量保存則
「前回、
F=Ma×ΔVa/Δt
 までやりました。次は、この両辺にΔtを掛けるんだそうです。すると、
FΔt=MaΔVa
 となり、これは『ある力FをΔt時間加えると、その物体の速度がΔVa変化する』、ということを意味している、ということです。
 そして、、もう1つ。衝突する前の物体Aの速度Vaとし、衝突後の速度をVa'とすると、
ΔVa=Va'-Va
 となります。ここまで控えておきましょう。」

 何となく録画をして、
・「クレヨンしんちゃん」
http://www.futabasha.com/sinchan/
 見てみました。これを見ると、チュンが子育てしていた頃を思い出しますね。人は親になると、親モードになってしまうと思いますね。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第2章、数学的真理
「観察を抽象化して、これを注意深く記述して仮定とした」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
「電磁誘導の法則も、より正確な超電力は、非常に短い時間dtの間に変化した磁束dΦを割ったものなので、
V=dΦ/dt
 と表現できる」

 相変わらず、見応えたっぷりなのが、
・「絶狼<ZERO>」
http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/17942_201701062523.html
 ですか。しかし、今回は興奮して、
「何してんの?早く逃げろよ、ばか」
 なんてヒロインに叫んでしまいました。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1章、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
「隣りの溝で回折した光との光路差が、光の波長Λの整数倍になる方向で光が強めあう」←スペクトルの形で溶鉱炉の温度が分かる。
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
・「神の王国」に入れる人、入れない人
「地上には再びイエス・キリストが降臨し、殉教者らがよみがえる」
「すべての死者が復活し、天国に行く者と地獄に行く者を振り分ける『最後の審判』が始まる」
↑と、ここまで読んで、チュンには俄かにキリスト教が信じられなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月17日 (金)

みんな仲良く・・・

  努力と根性、それに才能で、貪欲に優勝を狙う「弱虫ペダル NEW GENERATION」と、どうしても比較してしまうのが、
・「南鎌倉高校女子自転車部」
http://minakama-anime.jp/
 ですね。みんな仲良く楽しくが、このアニメのテーマでしょうか。・・・それならそれで、いいような気もします。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 この本の場合、「r=2の場合と同様、次の不等式がなりたちます・・・」などと、まるで自明の理のようにして書かれていることが、よくよく考えてみると、ムチャクチャ難しいことがあります。と言いますか、あり過ぎます。
 確か、以前の、
(1r+2r+3r+・・・+(n-1)r)<nのr+1乗/r+1<(1r+2r+3r+・・・+nr)×(a/n)のr+1乗
 のrが2乗の場合は、四角錘の体積を使って求めました。それは一辺がn、高さがnの四角錘の体積が、1/3×n3になるからです。でも、rが2乗つまりr=2でない場合は、四角錘の体積は使えません。使えないのに、
「r=2の場合と同様、次の不等式がなりたちます・・・」
 とは、どういうことでしょう。
 ううう、すると、それについて、もっと詳しく知りたい人は、巻末4を見よ!とあります。
 ・・・チュンは、もっと詳しく知りたい訳ではありません。本文そのものが分からないのです。
 ・・・でも、まあ、不満を言っていても仕方ありませんので、次回は、巻末4を見ることにしましょう。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
衝突を支配するもの=運動量保存則
「以前、物理力のところで、物理力は、
F=ma
 と習いましたので、衝突の際、物体Aに働く力が、
F=MaAa
 になる。それは分かります。次に、この加速度Aaは、速度Vaを時間tで微分したものなので、
F=Ma×dVa/dt
 と書ける。さらに微分をΔで表すと、
F=Ma×ΔVa/Δt
 と書ける。ここまでも、いいでしょう。・・・というか、ここまでにしましょう」

 世界でも大人気の日本を代表するアニメなのですが、・・・全然面白くない。笑える部分もない。まあ、イルカ先生には少しだけホロリもありましたが、他の作品なら、1回で視聴中止決定なのが、
・「NARUTO疾風伝、ナルトの結婚」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/index2.html
 ですか。EDまで聞いていると、少し腹が立ちます。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第2章、数学的真理
「比較的簡単な場合以外には、ある特定の公準系が首尾一貫して矛盾を生じることはないかどうかはわからない」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
もっと正確な速度、それが微分
「速度は距離の時間微分である。
v=dL/dt」

 そろそろ普通に冒険をしてほしい気もしないでもないのが、
・「この素晴らしい世界に祝福を!2」
http://konosuba.com/
 ですね。それとも、この作品、エンドレスなのでしょうか。・・・まあ、それでもいいですが・・・。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1章、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
溶鉱炉の温度をどうやって測るのか?
「分光器で分けられた光の強さを表すグラフをスペクトルと呼びます」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
・「ヨハネの黙示録」-『世界の終わり』はこうして訪れる
「ヨハネの黙示録」
「7人の天使が順にラッパを吹き鳴らし、最後の審判のときがきたことを宣告する」
「『六六六』の数字を持つ獣」
↑ホント、すごい話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月16日 (木)

ベストアニメは「鬼平」かな・・・

 どうなんでしょう。人を傷つけることって、面白いのでしょうか。と言いますか、その人が本当に傷ついているのかなんて、自分でもないのに分かるのでしょうかね。
・「クズの本懐」
http://www.kuzunohonkai.com/
 チュンには今も「クズ」の意味が分かりません。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 いくらチュンがバカでも分かります。ここで再びやろうとしているのは、以前のr=2、つまり2乗の時に出した、
An<M<Bn
An<1/3 N<Bn
Bn-An=1/n N
 という式ですね。r=2の時は、この3つをこねくり回して、M=1/3 Nというのを証明したのでした。
 前回、短冊の上側から下側を引いて、
Bn=An=aのr+1乗/n
 というのを導きました。・・・ところが、本の次を見ますと、
「ところで・・・」
 と言う言葉の次に、
(1r+2r+3r+・・・+(n-1)r)<nのr+1乗/r+1<(1r+2r+3r+・・・+nr)×(a/n)のr+1乗
 というのが出て来ます。・・・チュンには、これが出て来るなら、その前のBn-Anは何のためにやったの?という疑問で出て来ます。これは、わざわざ四角に囲まれた記述ですので、重要ということでしょうか。・・・まあ、本日は、ここまでにします。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
衝突を支配するもの=運動量保存則
「質量Maの物体Aが、物体Bと衝突する際、物体Aに働く力。衝突の際の力Fが、Δt時間働いたとする。すると、まず力Fは、
F=MaAa
 と表すことができる。Aaは物体Aに働く加速度である」
↑まあ、これも、ゆっくり理解しながら、やっていきましょう。

 いよいよ新展開ですか。これからが楽しみなのが、
・「ワンピース」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/
 ですね。前回と同じですが、次が早く見たいな。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第2章、数学的真理
「公準系を構成する公準は他の公準と矛盾してはならない」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
ΔΦ/Δtの意味
「距離をLで表すと、距離の時間変化ΔL/Δtは、速度を表す」

 原作がいいので、少しズルい気もしないでもないですが、今期のチュンのベストアニメは、
・「鬼平」
http://onihei-anime.com/
 ですね。ううう、カッコ良すぎます。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1章、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
・量子力学の夜明け
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
・唯一神による『人類救済プログラム』とは
「『最後の審判』の到来により、そのときに生きていた人たちも一度死ぬことを意味している」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月15日 (水)

クセになる「妖女戦記」・・・

 ・・・相変わらずターニャ、強いです。この強さがどこまでなのか、見てみたい気もしますし、物語の別の側面もあって、ますます楽しみになって来たのが、
・幼女戦記
http://youjo-senki.jp/
 これ、クセになりますね。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
面積の計算例
 前回は上側の面積、
(1r+2r+3r+・・・+nr)×(a/n)のr+1乗
 と下側の面積、
(1r+2r+3r+・・・+(n-1)r)×(a/n)のr+1乗
 を出しました。この上側から下側を引けば、
nr×(a/n)のr+1乗→aのr+1乗/n
 になる。これは分かります。
 ・・・と、次は再び、訳の分からない記述ですので、ここまでにしましょう。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
7、衝突の物理
「冷たい」と言った裁判官

 みんな仲良く黒の世界へ、といった感じに見えますが、ううう、どうなるのでしょう。・・・主人公は、誰?
・「チェインクロニクル~ヒクセイタスの閃~」
http://chronicle-anime.com/
 次は、どうなるのかな。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第2章、数学的真理
「少し練習を積めば、素人でも互いに独立な公準からなる経済的な系を構成できるようになる」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
(「5、最後の壁、電磁誘導」終わり)

 やっぱ、このアニメ、御堂筋君が出ると、違うアニメになってしまいますね。まあ、しかし、新生・鳴子君も楽しみなのが、
・「弱虫ペダル NEW GENERATION」
http://yowapeda.com/
 ですね。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
第1章、シュレディンガー方程式への旅
1、量子力学の誕生
・量子力学で扱う対象は?
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
「最後の審判」-天国の門はどれだけ狭いのか?
「天国」と「地獄」、「最後の審判」
「天国」「煉獄」「辺獄(リンポ)」「地獄」
「天国」が完成するのは、「最後の審判」の後

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月14日 (火)

新たに「シュレディンガー」です

 それなりに考えてしまうお話ばかりなのが、
・「ドラえもん」
http://dora-world.com/index.html
 ですか。『独立!のび太国』では、国について、改めて考えてしまいました。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
面積の計算例
 曲線y=xのr乗と、直線x=aおよびx軸が囲む図形の面積、前回は、r=1の場合を求めました。
 続いては、rが1ではない場合ですが、これは、0<r<1の場合も、r>1の場合も同じで、飛び出たもの(上側)の短冊切りと、飛び出ないもの(下側)の短冊切りの差で、その短冊切りの戸数を大きくすることによって、求めることが可能みたいです。
 1つの短冊の面積は、
a/n×(a/n)のr乗
 ですので、上側の面積は、
a/n×(a/n)のr乗
+
a/n×(2a/n)のr乗
+
a/n×(3a/n)のr乗・・・
 つまり、
1のr乗×(a/n)のr乗×a/n
+
2のr乗×(a/n)のr乗×a/n
+
3のr乗×(a/n)のr乗×a/n・・・
 となって、
(1r+2r+3r+・・・+nr)×(a/n)のr+1乗
 となります。そして下側は、1つ少ないので、
(1r+2r+3r+・・・+(n-1)r)×(a/n)のr+1乗
 となります。ここまでは以前にも、やりました。
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
エネルギーを有効利用するハイブリッドカー
「逃げやすい熱エネルギーを電気エネルギーに変換している」

 スイーツ好きの真壁さん、こけしの本間さん。このアニメと、その前のプロレス中継、一緒に録画しているのですが、プロレスのkとなど知らなかったチュンが、だんだん分かるようになって来ましたよ。
・「タイガーマスクW」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/
 これはこれでアリですか。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第2章、数学的真理
「公準は与えられるのである。公準は議論なしで受け入れられるものである」
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
5、最後の壁、電磁誘導
「ファラデーの電磁誘導の法則で、もう1つ気をつける点は、コイルの中を貫く『磁界』ではなくて『磁束』が関係していること」

・「BanG Dream!」
http://bang-dream.com/
 バンド、楽しそうですね。そう言えば昔、チュン、何かの弾みでトランペットを買って、全然、吹けないのに学校に持って行って、見せびらかしていたことがあります。小学生の頃、「ドレミ」くらいしか吹けない時でしたので、このアニメと同じですね。
●竹内淳著「高校数学でわかるシュレディンガー方程式」(BLUE BACKS)
まえがき
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
『死者の書』には、いったい何が書かれているのか
『死者の書』
自分の心臓を天秤にかけられ審判を受ける最後の試練
明るく美しい場所で、何不自由なく、好きな人と現世の「生」の続きを楽しめる
遺族はカーが餓死しないように、常に墓に食べ物や飲み物を供え続ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自転車・・高いね

 自転車にも相性ってあるんですかな。・・・それにしても40万円は高いな・・・。
・「南鎌倉高校女子自転車部」
http://minakama-anime.jp/
 それにしてもチュン、ううう、これを見てると自転車を買いたい願望が出て来そう。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
面積の計算例
 ここでは、曲線y=xのr乗と、直線x=aおよびx軸が囲む図形の面積とします。
 とすると問題になるのは、rの値で、r>1の場合、r=1の場合、0<r<1の場合では、曲線y=xのr乗の図形が変わってしまう、ということだそうです。
 一番簡単なのは、r=1の場合で、この場合は、
「曲線y=xと、直線x=aおよびx軸が囲む図形の面積」
 となりますので、底辺がa、高さがaの三角形の面積です。
a2/2
 となり、これはチュンでも分かります。
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
物理学と実在
 と、突然、この本、終わってしまいました。

・「霊剣山、叡智への資格」
 は、残念ながら、訳が分かりませんので、卒業ですね。
 「ボンヤリ生きたい奴らが、それなりに生きていける。俺が守りたいのは、そんな世の中だ」。
・「NARUTO疾風伝、シカマル秘伝」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/index2.html
 この言葉が、何故かチュンの心に残りましたね。このお話は、今回で終わりですが、それなりに面白かったですね。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第2章、数学的真理
「平行線公準を証明しようとした者は多いが、彼らは皆、失敗した」
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
運動エネルギーはどこに消えるのか
「運動エネルギーから熱エネルギーへの変換」

 何か、よく分からない部分もありますが、まあ、めでたし、めでたしなのが、
・「この素晴らしい世界に祝福を!2」
http://konosuba.com/
 ですか。この作品を理解するには、チュンはノーマルすぎるのかもしれません。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
5、最後の壁、電磁誘導
「『電圧Vの誘導電流が発生すると、この電流がアンペールの法則によって磁界を発生させる』が、『この磁界の方向が、もともと存在した磁束Φの変化を妨げる磁界になるように誘導電流が流れる』ということ」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
序章、人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
なぜ古代エジプト人は亡骸をミイラにした?
「『人は死ぬと、新しい世界に生まれ変わる』と考えた」
「人の5つの要素。肉体、名前、影、バー(魂)、カー(分身)」
「ミイラがなければ、カー(分身)は行き場を失い、生まれ変わり、すなわち復活が不可能になる」
「生まれ変わりは、限られた人に許されなかった特権だった」
↑魂と分身でバーカーですか。・・・面白くないですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月12日 (日)

本1冊追加・・・

 思わずチュンでさえ、とんでない奴を野に放ってしまった、もう知らないよ!と叫びたくなるのが、
・幼女戦記
http://youjo-senki.jp/
 ですか。でも、このアニメ、嫌いじゃないです。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
はたして面積は確定するのか
↑分かったような分からないような文章です。何が分からないのかさえ、分かりません。
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
(「確率波」終わり)

 まだまだ、いろいろありそうですが、とりあえず主人公ユーリが、黒の軍勢に入らなくて良かったのが、
・「チェインクロニクル~ヒクセイタスの閃~」
http://chronicle-anime.com/
 ですね。このアニメ、キャラクターが多すぎて、チュンには理解しきれないのが難ですが・・・。

E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第2章、数学的真理
2-2、公準的方法
「平面上に一点Pとこれを通らない直線Lが与えられたとき、点Pを通り決してLとは交わらない直線L'がただ1つ引けると仮定する」
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
エネルギー保存の法則

 おおお、ホントのNEW GENERATIONっぽい奴も出て来ましたし、久しぶりに御堂筋君も出て来ましたね。
・「弱虫ペダル NEW GENERATION」
http://yowapeda.com/
 ますます面白くなって来ました。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
5、最後の壁、電磁誘導
残された可能性
「アンペールの法則は、電流が磁界を生み出すことを示し、また、アンペールの力は、電流を磁界の中に置くと力が生まれることを表している。
 ファラデーは、これらの関係から推測を進めて、最後に電流が生まれる関係が、まだ自然の中に隠されているのではないかと考えた」
●並木伸一郎著「眠れないほど面白い、死後の世界」(王様文庫)
はじめに、「あの世」は本当にあるのか?”死後の世界”の謎に迫る本
「壊れたコンピュータに、天国も来世もない。つまり、”あの世”は存在しない」(ホーキング)
「ニア・デス=臨死体験者」はどうか?
↑チュンは以前から、臨死体験と死は異なると考えているのですが、どうでしょう。

 アニメを見て、笑うこと、泣くこと、いろいろありますが、泣き笑いをさせてくれる作品は珍しいです。
・「鬼平」
http://onihei-anime.com/
 たまりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 9日 (木)

どこに行くのか「タイガーマスクW」・・・

 今回のお話は、何なんでしょう。プロレス界の悲惨な裏話でしょうかね。行き先を見失っているようにも見えるのが、
・「タイガーマスクW」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/
 です。どうなるのかな・・・。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
面積とはなんだろうか?
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
「電子の場合にも、空間のなかのどんな点に対しても、またどんな時刻に対しても、ある函数が決定せられます。この函数を確率派と名づけましょう」

 見てるだけで太ってしまいまそう。展開もワンパターンでつまんない。新番組ですので見ましたが、
・「キラキラ☆プリキュアアラモード」
 は視聴中止です。
 上記とは、ガラリと違うのが、この作品、
・「クズの本懐」
http://www.kuzunohonkai.com/
 ですね。・・・チュン、皆川先生の言葉、よく分かりますよ。そして、それを「クズ」と言ってみたところで、何にもならないことも知ってます。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第2章、数学的真理
2-1、数学とは何か
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
「ボールが地表から10メートルの高さに静止している場合→ポテンシャルエネルギー」

 今回は、巨象の治療をしていたら嵐が来ると言う、何となく、とってつけたようなお話でしたが、まあ、いいですか。
・「ワンピース」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/
 次が、早く見たいな。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
「アンペールは、『アンペールの法則』と『アンペールの力』という2つの重要な関係を発見した。一方は電流によって生じる磁界を表し、もう一方は磁界の中に置いた電流に働く力を表す」
「アンペールの力とローレンツ力の2つは同じ内容である」
●神秘のヴェールを剥ぐ-分子生物学
「生命という内なる宇宙の探究が、実際の無限なる宇宙の探索と結局のところで表裏をなしている」

 ・・・「キラキラ星」、そりゃないでしょ。お客さんが全部、女の子で、みんな優しくて、あり得ない世界のお話が、
・「BanG Dream!」
http://bang-dream.com/
 ですか。まあ、いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 8日 (水)

のび太君、ダメですよ・・・

 何か、はからずもお医者さんの苦労が分かったような気がしたのが、
・「ドラえもん」
http://dora-world.com/index.html
 の『お医者さんカバン』
 でも、のび太クン、しずかちゃんを脱がせようとしすぎ。ダメですよ。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 は、ようやく、
アルキメデス先生の教訓(3)
 です。
「a>1のとき、aのn乗根は減少して1に収束する。
lim n→∞ n√a=1」
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
「どんな時刻に対しても、基準の値からのはずれは弦の座標の函数であります」

・「絶狼<ZERO>」
http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/17942_201701062523.html
 この自由奔放さと言いますか、向こう見ずさは何でしょう。これがヒロインですか。・・・こんな子、いないですね。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第1章、さまざまな観点
1-4、現代数学の精神
「19世紀半ば以降の数学的精神を一句に要約すれば『一般性の拡大と自己批判の深化』に尽きる」
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
位置エネルギー=運動エネルギー
「位置エネルギー
地表からある高さまで物体を持ち上げるのに要する仕事。
高さh、重力加速度g(=9.8メートル/秒2)とすると、
W=mgh」

・「名探偵コナン」
http://www.ytv.co.jp/conan/
 「千葉のUFO難事件」、謎が解け、無事、解決しましたよ。しかし、謎は解けましたが、恋の進展はなかったですね。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
電流の単位
クーロン力「1アンペアの電流が1秒間に運ぶ電気量を1クーロンとする」
「電線の中には電流として働く電荷のほかに、符号が反対で同じ大きさの電荷が存在している」「電線は電気的には中性で、電線と電線の間にクーロン力が働くことはない」
「1メートル離して平行に張った2本の電線に、それぞれ同じ大きさの電流を流したときの電線の間に働く力が、2×10のー7乗Nであるとき、その電流値を1アンペアと定義」
→「1アンペアの電流が流れている電線の断面を、1秒間に横切る電荷を1クーロンとする」
●神秘のヴェールを剥ぐ-分子生物学
「バイオテクノロジーはまさに、分子生物学が生み出した”金の卵”なのである」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 6日 (月)

ほのぼのしない・・・

 このアニメも正直、何が言いたいのやら、チュンには、よく分からないのですが、・・・まあ、嫌いな内容でもありませんので、次も見ましょうか。
・「霊剣山、叡智への資格」
http://reikenzan.net/
 チュンには、仙人の知識、ないですから・・・。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
アルキメデス先生の教訓(2)
 前回は、
An<M<Bn
AN/1/3N<Bn
 から無理矢理、
0<M-1/3N<Bn-An
 を絞り出しました。言って置きますが、こんなの素直には出て来ません。
 さらに、
n(M-1/3N)>N
なる自然数をnとすると、それは、
M-1/3N>1/nN
 となりますが、それは、
Bn-An=1/nN
 ですので、矛盾します。つまり、
M>1/3N
 というのはない!ということです。同様に、
M<1/3N
 というのもない。だから、
M=1/3N
 だそうです。この説明で「アルキメデス先生の教訓(2)」は、終わりとしましょう。
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
「量子物理学は素粒子に関する個々の法則を放棄してしまって、直接に集群を支配する統計的の法則を述べるのです」

「NARUTO疾風伝、シカマル秘伝」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/index2.html
 この作品で一番いいのは、OP、EDだったりします。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第1章、さまざまな観点
(「1-3、アーベルの忠告」終わり)
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
落下する物体の運動エネルギー
「ある物体を落下させた場合、地表に衝突する寸前の運動エネルギーは、高さに比例」

 祝!ダクネス、帰って来ました。しかし、刺激が強すぎなのと、ううう、あの胸は何とかなりませんか。
・「この素晴らしい世界に祝福を!2」
http://konosuba.com/
 は、もうEDを聞いても、全然、ほのぼのしないですよ!
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
(「アンペールの力」終わり)
●神秘のヴェールを剥ぐ-分子生物学
「遺伝情報の一方的な流れ(DNA→RNA→タンパク質)、決して疑ってはならない分子生物学上のセントラル・ドグマ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 4日 (土)

どうしても比べてしまう・・・

・「弱虫ペダル NEW GENERATION」
http://yowapeda.com/
 改めて、この作品と、
・「南鎌倉高校女子自転車部」
 を比べると、男は勝負にこだわるのかな、なんて思ってしまいます。(??女もですか?)
 とにかく、ようやく3年生が引退。これからが「NEW GENERATION」なのでしょうかね。楽しみにしましょう。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
アルキメデス先生の教訓(2)
 本に何度も書かれている、
An<1/3N<Bn
An<M<Bn
An-Bn=1/n N
 分かりましたよ。それで・・・、
「まず、
M>1/3Nと仮定せよ!
 すると、2つの不等式から、
M-1/3N>0。これは上の変形ですね。
 ???しかし次に、
M-1/3N<Bn-An
 とありますが、・・・分かりませんね・・・。何故、でしょう。
0<M-An<Bn-An
0<1/3N-An<Bn-An
An-Bn<1/3N-Bn<0
1/3N-Bn<0<M-An
1/3N<Bn
An<M
 ううう、出ません。もう少し考えましょう。
An<1/3N
 で、
M-1/3N<M-An<Bn-An
 ですか・・・。
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
確率波
「統計法に道を譲らなくてはならない」

 カッコ良すぎですね。
・「鬼平」
http://onihei-anime.com/
 おまさって、ひょっとして?と思ったら、やっぱりテレビで梶芽衣子が演じていた女性でしたね。この作品を見てると、日本のアニメの水準の高さも分かりますね。
・「小林さんちのメイドラゴン」
 ほのぼのとはしますが、見ているだけ時間の無駄のような気がして来ました。視聴中止です。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第1章、さまざまな観点
1-3、アーベルの忠告
「存在定理を疑う人も多い」
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
位置のエネルギー
「重力が持っているエネルギーのこと」

 チュンが自転車をやるなら、「弱虫ペダル」の学校よりも、
・「南鎌倉高校女子自転車部」
http://minakama-anime.jp/
 ですね。何故、この自転車部、こんなに楽しそうなんでしょうか。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
「電流Iが流れる長さlの電線に働く力は、
F=IBl(電流の方向と電線、そして磁界がお互いに垂直な場合」
●神秘のヴェールを剥ぐ-分子生物学
「分子生物学は、生命とはたんに物質的機械である、遺伝子という設計図によって組み立てられた機械である、という考え方に立脚している」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 3日 (金)

自分を見てる?

 要領の良さと打算で、世の中をうまく渡ろうと思っている。にもかかわらず、世の中は、なかなか、うまくは渡れない。
・幼女戦記
http://youjo-senki.jp/
 を見ていると、くやしいかな、まるでチュン自身を見ているような気分になるのは、・・・チュンだけかな。とにかく、このアニメを簡単に表現すれば、チュンの心にズバズバ刺さって来るアニメですね。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
アルキメデス先生の教訓(2)
 柴田先生が書いた式の変形の意味がチュンには、さっぱり分からないのですが、懸案だった、
An<1/3N<Bn
 というのは分かりました。そして、Mを放物弓形の面積と考えると、
An<M<Bn
 もOKです。そして、最後に残った、
An-Bn=1/n N
 常に余分になった部分を集めると、△OABになるということから、出て来る。そう考えられます。・・・これで、柴田先生の言う、
An<1/3N<Bn
An<M<Bn
An-Bn=1/n N
 は、すべて了解。そういうことにしましょう。
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
(「物質の波」終わり)

 クズと言えば、みんなクズ。このアニメを見ると、出て来るのは、この言葉ですね。
・「クズの本懐」
http://www.kuzunohonkai.com/
 ここ1つ、何が言いたいのか、分かりませんね。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第1章、さまざまな観点
1-3、アーベルの忠告
「素数の個数は有限ではない」
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
時速120キロと140キロのボールの違い
「運動エネルギーは、1/2mv2なので、速度を120→140にするには、14400→19600、プラス36%の仕事が必要」。

・「チェインクロニクル~ヒクセイタスの閃~」
http://chronicle-anime.com/
 後から仲間に入る奴は強い!そういうことですか。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
「人差指を磁束線Bの方向に向け、中指を電流Iの方向に向けると、親指の方向に力Fが働く=フレミング左手の法則」。
●神秘のヴェールを剥ぐ-分子生物学
フランシス・クリック&ジェームズ・ワトソン。DNAの二重らせん構造を発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 2日 (木)

疑問は残る・・・

・「名探偵コナン」
http://www.ytv.co.jp/conan/
 「千葉のUFO難事件」、推理の材料は提示された、ということですか?さっぱり分かりましぇん。
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
アルキメデス先生の教訓(2)
 計算で求めようとするとダメですが、
四角錐の体積は、底面積×高さ×(1/3)
 から、底の一辺の長さがn、高さもnの四角錘の体積は、1/3n3。
 それが、一辺の長さが1からnまで増えて重なっていく立方体の体積と、1から(n-1)まで増えて重なっていく立方体の体積と比較すると、
大きい方の立方体<1/3n3<小さい方の立方体
 というのが成り立ちます。ところで問題は、大きい方が、
1/n3 ×(1の2乗+2の2乗+・・・nの2乗)N
 小さい方が、
1/n3×(1の2乗+2の2乗+・・・n-1の2乗)N
 だったのですから、すべてを1/n3で整理すると、
An<1/3N<Bn
 が成り立つことが分かりました。・・・しかし、本当に答えがそれなら、
1/n3 ×(1の2乗+2の2乗+・・・nの2乗)N
 を、
(1+1/n)(1/3+1/6n)N
 などという訳の分からない形に変形する必要があったのでしょうか。・・・さっぱり分かりませんね。
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
物質の波
「定常波が両端の固定せられている弦の運動において、両端の部分で静止している点を、節という」

・「3月のライオン」
 微妙ですね。将棋が分からないと、このアニメの面白さも分からないのでしょうか。視聴中止しても、いいかな。
・「タイガーマスクW」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/
 プロレスのルール、よく知らないのですが、相手を鉄柱にぶつけてノックアウトって言うのもアリなんですね。次も楽しみです。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第1章、さまざまな観点
1-2、黄金時代
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
ボールを静止させるのに必要な仕事
「エネルギーと仕事は同じ値になるし、単位も同じJ(ジュール)を使う」

・「ワンピース」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/
  見ていて、ズニーシャの大きさと言いますか、縮尺と言いますか、そんなのが気になってしまいます。気にし過ぎ?
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
アンペールの力
「エルステッドは、電線に電流を流すと近くに置いた磁石の針が動くことを発見。これが『電流』と『磁気』をつなぐ最初の発見。
↑翌年、アンペールは、電線を磁界の中に置いたとき、電線に力が働く=アンペールの力を発見」。
●神秘のヴェールを剥ぐ-分子生物学
ジャン・ラマルク

・「BanG Dream!」
http://bang-dream.com/
 面白いです。そう言えば、チュンも昔、バンド、やりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 1日 (水)

「絶狼」・・・カッコいい

・「この素晴らしい世界に祝福を!2」
http://konosuba.com/
 見ました。早くダクネス、帰って来て!
●柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
アルキメデス先生の教訓(2)
 結局は、
(1+1/n)(1/3+1/6n)N>1/3N
 がネックですね。
1+1/n>0
1/n>-1
1>-n
n>-1
2n2+3n+1
2n3+3n2+n/6×1/n3
2+3/n+1/n2 /6
1/n2(2n2+3n+1)/6
(n+1)(2n+1)/6n2N>0
(n+1)(2n+1)>6n2N
 どうやら、これは計算ではなく、
四角錘の体積
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148412314?__ysp=5L2T56mNIOWbm%2BinkumMmA%3D%3D
 が関係しているようですね・・・。
●アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか」(岩波新書)
物質の波
「振動によって起こされた波と、反射によって現れた波、この2つの波の干渉を跡づけて、それらの重なりから結果する1つの波を定常波という」

・「ドラえもん」
http://dora-world.com/index.html
 「トレーサーバッジ」はGPSを連想させますね。どんどんと世の中が、ドラえもんの世界に近づいている、ということでしょうか。
●E.T.ベル著「数学は科学の女王にして奴隷Ⅰ」(ハヤカワ文庫)
第1章、さまざまな観点
1-1、数学の目的
●竹内淳著「物理が苦手になる前に」(岩波ジュニア新書)
「W=1/2 mv2
 のWを運動エネルギーとし、
E=1/2 mv2とする」

 カッコいいです。面白いです。かわいいです。
・「絶狼<ZERO>」
http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/17942_201701062523.html
 展開が楽しみになって来ました。
●竹内淳著「高校数学でわかるマクスウェル方程式」(BLUE BACKS)
(「磁力の強さを表現する方法」終わり)
●神秘のヴェールを剥ぐ-分子生物学
グレゴール・メンデル

・「青の祓魔師」
 何回か見ましたが、やっぱ、意味の分からない作品を見ていても仕方ないですか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »