« 突如、復活・・・ | トップページ | 接線の方程式? »

2016年12月25日 (日)

放物線・・・

 ここは単に、ブログの力を借りて、挫折している本を読み進めていこう、という、ある意味、自分勝手な書き込みなのですが、・・・お許しください。
・柴田敏男著「微積分に強くなる」(BLUE BACKS)
 今、一番、訳の分からないのが、この本ですね。訳の分からない「S君の計算」というのを、そのまま転記します。
「放物線の式を、
y=x(a-x)
 とする」
 ううう、いきなり、これですか。これが何故なのか、チュンには分かりませんが、
放物線の方程式
http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/kou3/quadratic_3.htm
 には、放物線の放映識の基本形として、
y=ax2+bx+c
 とあるのですが、・・・これと、
=x(a-x)
 は全然違いますよね。書き直すと、
y=-x2+ax
 となりましから、上y=ax2+bx+cのaが-1、bがa’ややこしい)、cが0ということですか・・・。
 そう言えば、よく見ると、上の方程式は、
y=-(x2-ax)
-(x-a/2)2+ a2/4
 と変更できますね。・・・なんとなく、ややこしいですが、チュンの書いていること、合ってますよね。・・・よくよく考えると、y=x2の変形が、放物線みたいですね・・・。
 続いて、
・アインシュタイン、インフェルト著、石原純訳「物理学はいかに創られたか(下)」(岩波新書)
 です。
幾何学と実験
 「二次元」に住む人を「三次元」に移したら、というお話でしたが、何を言いたいとか、分かりにくいですね・・・。
 まあ、こちらの本も、ゆっくり読んでいきましょう。

|
|

« 突如、復活・・・ | トップページ | 接線の方程式? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100572/64674314

この記事へのトラックバック一覧です: 放物線・・・:

« 突如、復活・・・ | トップページ | 接線の方程式? »