2018年6月21日 (木)

外読み、1冊終了・・・

20180621

↑目覚めれば、4人・・・。

 とりあえず、いろいろありますが、ここは「株」と「ナンバーズ&ロト」がメインです。
 「株」は、前日の分析から、1日前日の分析と、手法を変更することにしました。昨日、プログラムの手直しをしましたので、今日から、それを使いたいと思います。
 とりあえずベース活動として、本の読み進めを続けましょう。

●斉藤楠卜著「中国『気功』健康法」(日東書院)
第一章、気とはなに?(気功理論編)
・気功練功の基本。調息、調心、調身
↑基本的な考え方は、分かったような気がしますね・・。
第2章、自分の健康のチェック
・気がとどこおると顔色が悪くなる
↑自分の顔色ですか・・・。よく分かりませんね・・・。
↑今日は平針の「ミスタードーナッツ」に行き、そこで、外読みの、
●「もうダマされないための『科学』講義」(光文社新書)
 を読み終えました。・・・まあ、この本自体は、ココ1つの内容でしたが、ここでの補完として、次に、
●大木幸介監修「『気』を科学する」(講談社α文庫)
 を外読みで、読むことにしましょう。

◎「株」
2018-06-21,178511円
 前回は、
2018-06-20,174056円
 ですので、
4455円
 でした。

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18948092.html
Epilogue
あとがき
 これで小見出しも終わりです。これからどうするのか、次に考えましょう。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 は読み進めを続けます。
第2章、宇宙の始まりに何が起きたのか
2-5、力が分岐するという魅力的な考え
↑まあ、最初は1つだったのですから、当然、考えられることのような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

ピカチュウと共に・・・

20180620

↑W杯初戦勝利をピカチュウと一緒に喜んでます。

●斉藤楠卜著「中国『気功』健康法」(日東書院)
第一章、気とはなに?(気功理論編)
・気の三大効果
・気のしくみ(先天の気・後天の気)
・気と経路、ツボの関係
・気と内臓・筋肉・神経の関係

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18948092.html
 小見出し、続けます。
第8章《曼荼羅》-世界・ユニバース
1、進化~時の中で~
2、宇宙~燦々と~
3、運命論~未来へ~
最終章《たからじま》
1、全体像~アイデンティティ~
2、Heaven must've programmed
3、神の道具~天地月創造~

◎「株」
2018-06-20,174056円
2018-06-19,173476円
580円
 少しだけ増えました。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 は読み進めをしましょう。
第2章、宇宙の始まりに何が起きたのか
2-4、大統一理論への夢と現実
↑この時点では、まだまだのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

「ロト6」はハズレ・・・。

20180619

↑デカい顔をし過ぎると、こうなるのか・・・。

◎「N&L」
・第1287回<ロト6>結果
09 21 23 34 37 38 40
 検証、
01-08-23-27-29-38→2つ的中
07-11-23-26-27-38→2つ的中
QP→2つ的中
 惜しいですが、ハズレでした。
09,6,3,7・・・5
21,3,4,3・・・30
23,13,4,3・・・38
34,9,5,4・・・26
37,1,3,7・・・3
38,2,5,3・・・29
1287,2018-06-18,31,09-21-23-34-37-38-40,03-05-26-29-30-38
 をファイルに入れます。
 次は、
03-05-26-29-30-38
04-07-14-18-19-37
+QP
 としましょう。

●斉藤楠卜著「中国『気功』健康法」(日東書院)
第一章、気とはなに?(気功理論編)
 気功の種別が載ってました。
 気功法-軟気功-内功-道功
 をやるみたいです。

◎「株」
2018-06-19,173476円
2018-06-18,176704円
-3228円
 まったくダメです。

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18948092.html
 小見出し、続けます。
第7章《気》-放たれるもの
1、気ってナンダ?!
2、存在
3、百態百様
4、陰陽
5、場
6、エネルギー
↑ここの記述が「気功」の本を読む動機になりました。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 は読み進めをしましょう。
第2章、宇宙の始まりに何が起きたのか
2-3、統一へと向かう基本法則の探求
↑力の統一のお話でしたね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

気功の本追加

20180618

↑あのね、チュンが鬼族っていうのは、内緒にしててね!

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18948092.html
 小見出し、続けましょう。
第6章《動》-顕れる力
1、自己主張
2、Telepath
3、Wave
↑ここは少し意味不明ですね・・・。

 今回から、ここで、
●斉藤楠卜著「中国『気功』健康法」(日東書院)
 を読むことにします。この本は、
日本気功協会監修
 とありますが、???その団体はネットでは見つかりませんでしたね・・・。まあ、いいですか。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 を続けます。
第1章、初期の宇宙はどこまで解明されているか
1-9、初期の宇宙を重力波で探れるか
 宇宙背景重力波なら、1兆分の1のさらに1兆分の1とかの宇宙の姿を観測できす。
1-10、物質を形作る元素はいつできたのか
 最初は、水素とヘリウムだったようです。
1-11、さらなる初期の宇宙へ向かって歩を進める
 まだ、この時点では、
1、何がこの宇宙を始めたのか
2、インフィレーションは本当に起きたか
→約137億年前という数字は、どうやって出て来たのか?
 の答えは出てません。
第2章、宇宙の始まりに何が起きたのか
2-1、標準宇宙論を超える
 まだ未解明の部分がある、ということですね。
2-2、物質の起源、いまだわからず
 何故、素粒子ができたのか・・・などが謎らしいです。
 ここで「137億年」は別途に調べてみましょう。
宇宙の年齢
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E5%B9%B4%E9%BD%A2
 まあ、宇宙背景放射は宇宙誕生後38万年後のものですから、そこから測定は可能、ということでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

「運命を変える未来からの情報」終わり。

20180617
↑こんなに愛されちゃってます・・・。

◎「N&L」
●森田健著「運命を変える未来からの情報」(講談社)
おわりに、人間と地球の運命は
本当に好きなことをすれば。お金はついてくる。
あなたのすべてはうまくいっています。
そしてこれからはもっとうまくいきます。

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18948092.html
 小見出し、続けましょう。
第5章《情》-辺縁系
1、無意識
2、直感
3、記憶
4、脳の統治
5、深層心理
6、本能
↑主に本能を扱う、「意識的ではない」部分、だそうです。でも、筆者はここが重要だと言います。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 の読み進めを続けましょう。
第1章、初期の宇宙はどこまで解明されているか
1-4、宇宙が晴れ上がると光はまっすぐ進む
↑今回も書かれているのは、38万歳の宇宙についてですね・・・。
 次も見ましょう。
1-5、温度ゆらぎを物理学で解読する
 宇宙マイクロ波背景放射にも「温度ゆらぎ」がある、ということですね。そして、それがなければ、今ある宇宙はできなかった、ということです。
1-6、難しかった温度ゆらぎの観測
 温度ゆらぎが発見されたのは、宇宙マイクロ波背景放射の発見から27年後、というお話でした。
1-7、宇宙が38万歳だったときの姿
 今後、「偏光を利用した観測で、さらに詳しいデータが得られるかもしれない、というお話でした。
1-8、初期の宇宙をニュートリノで探れるか
 宇宙放射ニュートリノの観測ができるようになれば、宇宙が始まって1秒後の状態が分かるようになる、というお話です。現状の38万年後が、1秒後になる、ということですね。
 本日は、ここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

すべてがうまくいっている・・・

20180616

↑あれれ?サッカーしか見えないんですけど・・・。

◎「N&L」
●森田健著「運命を変える未来からの情報」(講談社)
第6章、運命変更の鍵としての「問い」と「答」
今を肯定するといのは、「今あるこの瞬間はすべてうまくいっている」と思うこと。

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18948092.html
↑この本にもメモ用のページを作成しました。小見出し、続けましょう。
第4章《意》-大脳皮質
1、統合
2、認識
3、検索エンジン
4、思考
↑まあ、結論から言えば、脳は極めて作為的である、ということでしょうか。まあ、しかし、そう言うものなのですから、仕方ないですね。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 は、最初の2つの質問、
1、何がこの宇宙を始めたのか
2、インフィレーションは本当に起きたか
 を留意した上て、
→約137億年前という数字は、どうやって出て来たのか?
 という疑問も抱えたまま、読み進めを行っています。
第1章、初期の宇宙はどこまで解明されているか
1-3、劇的だった宇宙マイクロ波背景放射の発見
↑この辺りのお話は、別の本でも読みましたね。そして、この「宇宙マイクロ波背景放射」が宇宙誕生後約38万年後からのものである、というのは前回、書きました。
 ただ、ここでは、
→約137億年前という数字は、どうやって出て来たのか? 
 という疑問に対する答えは出て来てませんね。まあ、ゆっくり読み進めを続けましょう。

「すべてがうまくいっている!」
 本当かな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

宇宙を始めたのは、私です

20180615

↑頑張れ、サッカー日本代表!

◎「N&L」
 まずは「ロト6」を見ましょう。
・第1286回<ロト6>結果
11 32 37 39 41 42 43
 検証、
19-23-37-38-41-42→5等でしたね!
06-12-23-27-32-41→2つ的中でした。
QP→1つ的中でした。
 データチェックです。
11,4,4,8・・・1
32,14,4,3・・・38
37,3,5,6・・・8
39,2,6,3・・・29
41,11,6,4・・・23
42,1,6,3・・・27
1286,2018-06-14,30,11-32-37-39-41-42-43,01-08-23-27-29-38
 をファイルに入れます。
 次は、
01-08-23-27-29-38
 と、
07-11-23-26-27-38
 とQPです。
●森田健著「運命を変える未来からの情報」(講談社)
第6章、運命変更の鍵としての「問い」と「答」
ワン・ブレス・テクニック
 深呼吸を何度かして、気持ちをリラックスさせる→何らかの問いを発する→息を吸い、そして吐く→その時に頭に浮かんだことが答!
↑これが5等が当たった要因ですかね・・・。
答は時空に広がった私自身から返り、それを使って運命を自由に変更します。

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
 小見出し、続けます。
第3章《階》-成り立ち
1、役割と機能
2、生活習慣
↑ここの《階》とは、進化とは積み重ねである!という意味のようです。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 は、最初の2つの質問、
1、何がこの宇宙を始めたのか
2、インフィレーションは本当に起きたか
 を導くために、本を再度、読みなおしています。
 ただ、そこから、
第1章、初期の宇宙はどこまで解明されているか
1-1、過去の宇宙からのメッセージ
 で、
→約137億年前という数字は、どうやって出て来たのか?
 というものが出て来ました。続けましょう。
1-2、宇宙観測は天然のタイムマシン
 直接、観測できるのは、宇宙誕生後約38万年後からのようです。
↑ここで「1」の答えを書いてみましょう。
1、何がこの宇宙を始めたのか
 それは「時空=自分」であるのなら、「私」ということになります。つまり、私たち一人一人が、この宇宙を始めた、ということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

こちらも逆さチュン・・・

20180614Photo

↑これ、逆さ富士非ず、逆さチュン也。&チュンヌ姫

◎「N&L」
●森田健著「運命を変える未来からの情報」(講談社)
第6章、運命変更の鍵としての「問い」と「答」
・時空全体に広がった私こそが「源」である
ワン・ブレス・テクニック
 深呼吸を何度かして、気持ちをリラックスさせる→何らかの問いを発する→息を吸い、そして吐く→その時に頭に浮かんだことが答!
↑本当でしょうか?試してみる価値はあるかな。

●吉田たかよし著「元素周期表で世界はすべて読み解ける」(光文社新書)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18940534.html
第1章、周期表には何が書かれている?
・縦に似る典型元素、横に似る遷移元素
典型元素→グリープ1.2とmグループ12~18
遷移元素→グループ3~11
↑ここにも種別法がありましたが、典型元素、9つもあるんですね。

◎「株」
 株は、
2018-06-14,181639円
前回は、
2018-06-13,181660円
 ですので、
-21円
 ですね・・・。

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
 小見出し、続けます。
第2章《感》-感受性
1、センサー
2、歪める「知性」
3、Six sense
4、非凡なる人たち
↑世の中には、特殊な病気により、優れた才能を見せる人がいます。これを、どう解釈するのか?大きな問題です。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 最初の質問、
1、何がこの宇宙を始めたのか
 は、答えが出ません。留意事項としておきましょう。次は、
2、インフィレーションは本当に起きたか
 ですね。これらを考えるため、この本も再読しましょう。
第1章、初期の宇宙はどこまで解明されているか
1-1、過去の宇宙からのメッセージ
 ここには具体的なものは書かれてませんが、宇宙の始まりは、
約137億年前
 と書かれています。ここで当然の疑問が出ますね。
→約137億年前という数字は、どうやって出て来たのか?
 です。これについての答えは、当然、書いてあるはずですので、明らかにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

何がこの宇宙を始めたのか???

◎「N&L」
●森田健著「運命を変える未来からの情報」(講談社)
第6章、運命変更の鍵としての「問い」と「答」
・個を持ったまま時空とつながる
「私はこうやってみたいのだが?」という具体的な問いかけ

◎「株」
2018-06-13,181660円
 前回は、
2018-06-12,186941円
 でしたので、・・・
-5281円
 ダメです。

●吉田たかよし著「元素周期表で世界はすべて読み解ける」(光文社新書)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18940534.html
第1章、周期表には何が書かれている?
・元素周期表は両サイドから攻めろ!
周期表は左からではなく両サイドから攻めろ!
 そう言えば、
左から、アルカリ金属→アルカリ土類金属
右から、希ガス→ハロゲン
 でしたね。

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
 章立て、続けます。
最終章《たからじま》
 それでは、引き続き、小見出しも書きましょう。
第1章《知》-全体論
1、植物たち
2、動物たち
3、シャーマニズム
↑ここで言いたいのは、やはり「全体」ということでしょうか。

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 この本の中では、この本に書かれている「問い」を考えてみましょう
1、何がこの宇宙を始めたのか
 ・・・「何が」ですか?まあ、ごく簡単に言ってしまえば、それが正しいのか否かは別として「神が」という答えが、一番楽ではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

ロト6予想など・・・

◎「N&L」
・第1285回<ロト6>結果
07 08 13 36 38 42 06
 検証
06-16-21-32-40-42→1つ的中
01-06-14-19-34-42→1つ的中
+QP→1つ的中
 全部、的中は1つでしたね・・・。
07,4,2,2・・・38
08,17,1,4・・・23
13,13,3,2・・・41
36,5,6,4・・・19
38,2,6,2・・・37
42,14,6,2・・・42
1285,2018-06-11,29,07-08-13-36-38-42-06,19-23-37-38-41-42
 をファイルに入れます。
 次は、
19-23-37-38-41-42
 と、
06-12-23-27-32-41
 とQPで行きます。
●森田健著「運命を変える未来からの情報」(講談社)
第6章、運命変更の鍵としての「問い」と「答」
・時空との信頼関係へ
運命が決まっている四次元から、運命を変えることができる五次元に。
↑この時空の秘密を解くこと。これも大きなテーマかもしれません。

本日もここにカラオケ、貼っときます。

◎「株」
2018-06-12,186941円
 前回、
2018-06-11,183605円
 ですので、
3336円
 増えました。


●吉田たかよし著「元素周期表で世界はすべて読み解ける」(光文社新書)
https://blogs.yahoo.co.jp/thun2017/18940534.html
はじめに
↑終わりました。

●あうすとらろっぴ著「とらんすがいあ~ぜ」(三五館)
 章立て、少し書きましょう。
第4章《意》-大脳皮質
第5章《情》-辺縁系
第6章《動》-顕れる力
第7章《気》-放たれるもの
第8章《曼荼羅》-世界・ユニバース

●松本隆彦著「宇宙に外側はあるか」(光文社新書)
 終えました。これも再度、ここでやりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「シクラメンのかおり」等